株式会社コプロ・エンジニアード

プレスリリース

2019年8月7日
Press Release

派遣社員の定着率向上を図るアフターフォロー専門部署を設置

株式会社コプロ・エンジニアード  コンプライアンス部 トラスト課

人材派遣会社にとっては、派遣社員の定着率の低さが課題となっています。定着しない要因は、仕事内容・職場環境が合わない、職種を変えたい、健康状態や家族の状況等、様々です。建設・プラント業を中心にエンジニア人材派遣を手掛ける株 […]

人材派遣会社にとっては、派遣社員の定着率の低さが課題となっています。定着しない要因は、仕事内容・職場環境が合わない、職種を変えたい、健康状態や家族の状況等、様々です。建設・プラント業を中心にエンジニア人材派遣を手掛ける株式会社コプロ・エンジニアード(代表取締役社長:清川甲介、本社:名古屋市、以下「当社」)は、派遣エンジニアの定着率を向上させるため、2019年4月1日に派遣エンジニアのアフターフォローを専門に行う部署「トラスト課」を設置しました。トラスト課は全ての派遣エンジニアと月1回面会し、手厚いフォローを行います。

 

◆全国1600人の派遣エンジニアと毎月1回、直接顔を合わせて会話する

トラスト課の社員は、全国に在籍する約1600名の派遣エンジニアのもとに、毎月1回は訪問し、顔を合わせて話をする時間を設けています。「職場で困ったことはないか?」「体調はどうか?」といった会話をし、表情や態度、声のトーンなどから、社員一人ひとりのモチベーションの変化等も細かく確認しています。職場環境に悩んでいる社員がいれば、クライアント企業に対して相談し改善を求める等、労働環境の整備もクライアント企業と密に連携を取り行います。

ITツールを使えば、離れた場所で状況を確認することもできますが、当社は現場を訪問し、直接顔を合わせて会話することを大切にしています。人の想いを汲み取り行動に移すことは、人にしかできないことだと考えています。

 

◆仕事の悩みはもちろんプライベートな相談にも応じる手厚いフォロー

トラスト課は、長時間労働の是正や健康診断受診の促進、労災対応はもちろん、派遣エンジニアから仕事現場での悩みや当社への要望、また家族等のプライベートな内容まで相談を受ける役割を担っています。当社がこのような手厚いフォローをするのは、当社は派遣して終わりではなく、人材派遣という人を扱うビジネスだからこそ、社員一人ひとりの人生に寄り添い、派遣エンジニアが帰属意識を持ってイキイキと働けるように、サポートし続けたいと考えているからです。

トラスト課の社員の中には、もともと派遣エンジニアとして働いていた社員も在籍しています。エンジニアの専門的な知識も持ち合わせているため、派遣エンジニアからの信頼も厚いです。また、派遣エンジニアを経験したからこそわかる不安感や会社に対する課題を社内に共有し、対策を立てています。

 

【会社概要】

2019年3月19日に東証マザーズと名証セントレックスに上場した株式会社コプロ・ホールディングスは、2015年に株式会社コプロ・エンジニアードを事業子会社とする持株会社です。

事業子会社である株式会社コプロ・エンジニアードは、2006年に創業し、主に建設業界やプラント業界へのエンジニア派遣(常用型派遣)を手掛けてきました。現在、全国16支店で約1600名以上のエンジニアを派遣しています。当社はエンジニアに対して教育研修の実施やキャリアサポート、派遣後のフォローの体制を構築しており、技術力と人間力の高いエンジニア派遣を行っております。

 

<持株会社>
社名: 株式会社コプロ・ホールディングス
代表者: 代表取締役社長 清川 甲介
本社: 〒450-6427
愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12大名古屋ビルヂング27F
TEL: 052-589-3066
FAX: 052-589-3067
従業員数: 1,788名(2019年3月末時点/グループ全体正社員・派遣社員含む)
資本金: 3,000万円
決算月: 3月

 

<事業子会社>
社名: 株式会社コプロ・エンジニアード
代表者: 代表取締役社長 清川 甲介
本社: 〒450-6427
愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12大名古屋ビルヂング27F
TEL: 052-589-2939
FAX: 052-589-2938
従業員数: 1,743名(2019年3月末時点/正社員・派遣社員含む)
資本金: 3,000万円
決算月: 3月
事業内容: 建設エンジニアリング事業(設計、施工管理におけるアウトソーシング事業)、プラントエンジニアリング事業(プラントの設計、調達、試運転、建設工事、メンテナンスのアウトソーシング事業)、アカデミア事業(CAD・OAトレーニング)